2017年09月30日

変わりゆくものは・・

ここ数日で、
寒いと感じるほど、ぐぐっと気温が下がりました。

今日で、9月も終わりです。
店の壁に掛けてある手ぬぐいも、金木犀の柄に替えました。

な〜んにもしなくても、
季節はちゃんと移っていってくれます。

人間も、ヤ〜ダヤ〜ダと言っても、
否応なしに年をとって変わってしまうし・・

この前、
遠くに住む90才の伯母の後見人へのお願いという書類が、
義理の姉ということになる母に届きました。

86才になる母には到底無理なので、
お断りしましたが、

年の変わらぬ義妹の現況を想像して、
母は少なからずショックを感じているようです。
私もです。

変わらぬものは無いとはいえ、
何だか切ない・・。













posted by 店主 at 07:26| Comment(0) | 蕎麦屋の女房のつぶやき

2017年09月28日

袖すりあうも・・

今日は、開店準備中に、
突然の雨とモーレツな突風が吹き、

花の鉢はころげ回り、
のぼり旗はバタバタと暴れ(結局、ボキっと根元が折れてしまいました)

おかげで、忙しい準備の手をとめて、
右往左往するはめに・・

こんな波乱の幕開けだったからか、
今日は何だか色々ありました。

なかでも、
以前5月の連休ごろにいらした湘南ナンバーのお客様に、

立山に行かれる前に、
また寄っていただけたのはうれしかったです。

ちょっとしたハプニングもあったりして、
バタバタしましたが、
無事に食べていただくことができました。

遠く、神奈川と富山と、
不思議なご縁です。
こんな時、商売をやっててよかったなぁ・・と。

今日は、他にも、
金沢から来ました!
というお客様もいらっしゃって、

慌ただしくはありましたが、
ありがたい、賑やかな一日でした。















posted by 店主 at 23:00| Comment(4) | 蕎麦屋の女房のつぶやき

2017年09月26日

いつか行きたい

先日、
うちの店の味を気にいっていただいているお客様が、
久しぶりにいらして、

ちょうど最後のお客様となられたので、
少しお話をしました。

その時、自分の好きな蕎麦屋は、
「ここと、石川の鶴来にある蕎麦屋さん」
だといっておられました。

そこは古民家の造りのお店で、
味はもちろん、雰囲気もすごくいいそう。

あとから確認すると、
そのお店はミシュランにビブグルマンで載っている、
すごいお店とわかりました。

そんなお店と同じようにうちをひいきにしていただいて、
ありがたいことです。

海のものとも山のものともわからない時に、
とにかく店を開かなくちゃと、
ここに決めてやり始めたので、

落ちついた雰囲気なんぞというものは、
この小さな店では、
8年たっても無縁なもので、

お客様にしたら、味気ないだろうなぁと、
いつも思います。
でも、なにせ、お金が無かったし・・(笑)

きっと接客も一流でしょうねぇ。
打ちひしがれるかもしれませんが、
いつか、行ってみたいです。












posted by 店主 at 21:03| Comment(0) | 蕎麦屋の女房のつぶやき